劇団巌流 第二級

アクセスカウンタ

zoom RSS 六月燈の三姉妹in深谷シネマ

<<   作成日時 : 2014/10/18 14:37   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

去る10月12日(日)に、「深谷シネマ」にて、『六月燈の三姉妹』が上映開始となり、初日は、13時30分の回の上映終了後、佐々部監督を迎えてのトークがあり、もちろん東京支部の有志たちも馳せ参じました。

画像

小生は上映開始約1時間前に深谷駅に到着。
改札ロビーで、偶然同じ電車で到着された西田聖志郎さんにお会いし、ご挨拶を交わしました。
上映前に腹ごしらえをしようと、旧中仙道沿いにあるいつものお店に入ると、既に佐々部監督と臼井プロデューサーのご一行が昼食を済まされ談笑中でした。
駅で西田聖志郎さんにお会いしたことをお伝えすると、「そろそろ行こうか。」と、お店を出て「深谷シネマ」に向かわれました。
小生は、今回が本作品初鑑賞となる娘と、お稲荷さん&ラーメンで軽くおなかを満たし、少し遅れて「深谷シネマ」へ・・。
画像


先般、撮影終了となった作品、『群青色の、とおり道』は、埼玉の深谷市とは利根川を挟んで隣街の群馬の太田市が舞台で、関係の皆様もたくさん応援に来ておられ、映画館は、今回も、補助椅子がたくさん並べられ満席となっていました。
画像

画像

上映終了後のトークでは、途中から、前方の列で鑑賞しておられた三姉妹のお父さん役の西田聖志郎さんがサプライズで登壇され、監督とお二人で作品に関するお話をいろいろ聞かせていただきました。
佐々部監督との出会いは、監督のデビュー作である、『陽はまた昇る』のオーディションに西田さんが応募された時だそうです。この映画のチーフキャメラマンの木村大作さんが面接の席の中央にでんと構えておられたのを、監督と勘違いし、佐々部監督を監督だと思っていなかったという、愉快な出会いのエピソードなども交えて、楽しいトークイベントとなりました。
画像

質問コーナーも終わり、その後ロビーでパンフレットを購入された皆様へのお二人のサイン会があり、終了後の反省会は、もちろんホルモンの「小林屋」です。
画像

佐々部監督と西田聖志郎さん、株式会社シネムーブさんの臼井様,古森様、そして東京支部の面々での反省会は、楽しく盛り上がり有意義なものでした。
大型台風も近づいており、また翌日、監督は岐阜県可児市アーラ映画祭へ講演に行かれるとの事で、4時半過ぎから始まった反省会は、健康的に8時半過ぎにお開きとなりました。

佐々部監督、西田聖志郎さん、臼井様,古森様、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
12月のオーストラリア・メルボルンでの映画祭、気を付けて行ってらっしゃいませ。
レポートは目黒川シュウゾウでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
目黒川シュウゾウさま
いつも投稿有難うございます。
それにしても、東京支部は毎回「反省会」と云う名の飲み・・・(笑)
副長
2014/10/18 14:41
目黒川シュウゾウさま
いつもレポ、ありがとうございます。

流石に岐阜・可児市も北海道も、団員はどなたもいませんでしたが、「六月燈の三姉妹」も「ゾウを撫でる」も好評でした。ただ可児市は台風直撃だったので、少ない入りが残念でした。

他の団員の皆さまも、もう少し書き込みや記事があるといいですね。
K.Sasabe
2014/10/18 23:08
東京支部のみなさま、いつものようにはじける笑顔がいいですね!
西田聖志郎さんにはもっとお話を聞いてみたいなと思っているので、こういう機会があるのが羨ましいです。
「六月燈の三姉妹」の輪がもっともっと広がりますように・・お祈りいたします。
やっぱり真理子
2014/11/06 21:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
六月燈の三姉妹in深谷シネマ 劇団巌流 第二級/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる