劇団巌流 第二級

アクセスカウンタ

zoom RSS 【六月燈】を追っかけ〈東京→下関→東京〉

<<   作成日時 : 2014/06/14 14:25   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

『六月燈の三姉妹』全国公開レポート

5月31日(土)
全国公開の初日、シネマート六本木に続き、コレド室町2にある、「TOHOシネマズ日本橋」の9番スクリーン(先日のプレミア上映会は6番スクリーン)にて『六月燈の三姉妹』の初日舞台挨拶がありました。
画像

画像

上映後の舞台挨拶には、主役の3姉妹を演じられた、吹石一恵さん、徳永えりさん、吉田 羊さん、お父さん役の西田聖志郎さん、次女役の吹石さんの離婚調停中の夫役の津田寛治さんの5名が登壇されました。
佐々部監督は、『海峡映画祭』のために参加されませんでしたが、ゲストの皆様が、鹿児島ロケのこと、撮影中のエピソードなどを披露してくださり、とても楽しい舞台挨拶となりました。
本作品に参加された佐々部組おなじみの中村さやかさんも劇場に来ておられ記念撮影に加わっていただきました。
画像

劇場を後にして、徒歩ですぐの神田駅近くの大衆酒場で臼井プロデューサーと古森様を交えて恒例の反省会となりました。
画像

イルカのおかげさんと加茂島竜王さんは、翌朝の飛行機で『海峡映画祭』の応援に下関入りするとの事。
臼井プロデューサーは、翌日午前のフライトで、市毛良枝さん、吉田羊さん、井上順さんと共に山口宇部空港経由で下関へ向かわれるとの事でした。
小生は、この日夕方5時前の飛行機で参るため、下関での再会を楽しみに、少しお先に失礼しました。

6月1日(日)
「海峡映画祭」は、第5回目を迎え、今年は4日間での開催でした。
画像

小生が参加したのは、最終日の午後からだったため、3時30分からのトークショー以後の様子を少々レポートいたします。
画像

(トークショー)
シーモールのイベント広場は、開始前から満席となり、上の階の通路にも鈴なりの人・人・人で大盛況でした。
ゲストの皆様の印象に残った言葉。

西田聖志郎さん
「佐々部監督という名監督を生み出した下関という地を、是非ひと目見たいと思い急遽参加をいたしましたが、この地に来て、そのわけが良くわかりました。」
(ありがとうございます。)

市毛良枝さん(女優業の魅力は? の質問に)
「現場でものを作ってゆくのが好きです。自分は、映るスタッフだと思っています。」
(深いです。)

吉田 羊さん
「下関は初上陸です。こんなに歓迎していただき感動しています。」
(久留米のご出身で、福岡での舞台挨拶では、地元の皆様の応援に落涙されたそうです。)

井上 順さん
「佐々部組は、毎日現場に行くのが楽しみで、撮影に入ると同時に、ひとつの大きな家族のようになる素晴らしい組です。」
「地方にくると、美味しい食べ物はもちろんだけど、優しさをたくさんいただけるのが嬉しいです。」
「毎日、今日はいくついいことがあるかなと思って生きてます。長生きしたいと思うので、たくさん買い置きをしてます。神様が、何だ、また買ったのか、もう少し生かしてあげないとしょうがないな。・・と思ってくれるように。」
(素敵な人生ですね。)

佐々部監督
「本当は自分の役割なのに、井上順さんは、現場では僕の代わりに皆をまとめてくれます。あの役だから井上順さんじゃなく、井上順さんだからあの役なんです。」
「子供の頃にあこがれた、ザ・スパイダースの井上順さんに、ヨーイ・スタートをかけられるという嬉しさ・・。」
「たかが映画ですが、映画を観ない人より観る人の方が、人生ほんの少し得をしてると思うんです。」
(・・なるほど)

トークショー終了後は、映画祭の最終上映となる『六月燈の三姉妹』の上映と舞台挨拶です。
上映後の舞台挨拶も、井上順さんが客席まで下りてきてのサービス満点の楽しいやり取りで盛り上がりました。

いよいよ海峡映画祭最後のイベント、ゲストの皆様を交えての交流パーティです。
乾杯の後は、ゲストの皆さんの周りには、楽しく、明るい会話の輪ができていました。
井上順さんの、懐かしい『バン・バン・バン♪』と『お世話になりました♪』のヒットパレードで、会場は最高潮に盛り上がりました。

連日のハードスケジュールをこなされた佐々部監督、海峡映画祭のスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

親睦会終了後、我々は、夜の豊前田の『お京』でさらに一杯。
少し遅れて臼井プロデューサーが合流され、また西田聖志郎さんと映画祭実行委員長のご一行も加わり、未明まで盛り上がったようです。
(小生は、翌朝8時の山口宇部からのフライトということもあり、日が変わる前に失礼しました。イルカのおかげさんは、早朝5時半の北九州空港からのフライトに併せてタクシーを予約していたのに、宿でうっかり眠ってしまい間に合わず、新幹線で帰られたとか・・・。本当にお疲れ様でした。)
画像


6月7日(土)
「シネマート六本木」での舞台挨拶
画像

午前10時30分の回上映後、佐々部監督と西田聖志郎さんを迎えての舞台挨拶がありました。
前列から2番目の席だった小生の右側に、上映前から居られた女性が、なんと、作品の中の居酒屋『京ちゃん』のおかみ役の重田千穂子さんだったのです。(気がつきませんでした。)
重田さんは、映画で市毛良枝さんが演じられた虎屋のお母さん役を原作の舞台で演じられた女優さんです。
舞台挨拶の途中から登壇され、監督ではなく、撮影の坂江さんにダメ出しされたお話など、舞台挨拶は、大爆笑の大盛り上がりとなりました。
画像

終了後、記念撮影と、パンフレットにサインもいただきました。(感謝)
画像

上映は、まだ続きます。劇団巌流第二級も引続き応援を続けてまいります。

レポートは目黒川シュウゾウでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
東京、京都、博多、徳山、萩、防府。各地から下関へお運びいただき有難う御座いました。
事務局の手伝いをしていてバタバタの連続で皆さまとほとんど御挨拶も出来ず・・失礼致しました。この場をお借りしてお詫び致します(._.)



副長
2014/06/14 14:45
団員の皆様
各所、各所でありがとうございます。
レポートにはありませんが、直前の<神戸三宮映画祭>にも駆けつけて貰いました…感謝。

フィレンツェから続いた巡業に体重も5キロくらい落ち、ちょっとしたダイエットが出来ました。
今週末は鹿児島で上映&トークです。
もう一頑張り…です!
K.Sasabe
2014/06/18 14:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【六月燈】を追っかけ〈東京→下関→東京〉 劇団巌流 第二級/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる