劇団巌流 第二級

アクセスカウンタ

zoom RSS ”佐々部清監督を応援する会”

<<   作成日時 : 2011/07/23 16:59   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 5

いよいよ全国公開を控えた”日輪の遺産”と”ツレがうつになりまして。”の2作品を応援するため、 ”佐々部清監督を応援する会”が7月20日に開催され、60名を超える仲間が集いました。

画像
(PHOTO BY TUMO)
 
会場の大手町サンケイホールは、監督の母校の東京豊浦会が開催される場所でもあります。

発起人が豊高の同級生ということで、オヤジばかりが集まってくるんじゃないかと心配していたそうですが、ご自身の佐々部NETでも呼びかけた事もあって、たくさんの麗しき女性たちが参加して下さり、監督は大喜び・・。
きっかけは、堺雅人さん、福士誠治さん、伊嵜充則さんたちのファンという方も多いようですが、今は、佐々部監督の魅力に完全に惹かれているようです。

我が劇団巌流第二級は、奈緒さん、弐萬弐六之蒸さん、赤間関龍之介さん、そして山口からは遠路はるばる”萩のチェ・ジウ?”さん、 また佐々部NETでもおなじみのお仲間”ころころ”さんは名古屋から駆けつけました。
画像
(PHOTO BY TUMO)

第1部は、佐々部監督の講演会です。

お話の始まりは、前日亡くなられた、監督が一番好きだった俳優、原田芳雄さんのこと。
佐々部NETにも書いておられましたが、大学生となって上京し、池袋の場末の映画館での衝撃的な出会いと、生涯で唯一のファンレターに返事をもらったこと・・・、
映画監督になることを決意させたという熱い熱いお話。

そして”日輪の遺産”と”ツレがうつになりまして。”のお話。
途中でゲストの伊嵜充則さんが紹介されました。
”はじままして。佐々部充則です。” (爆笑)で、和やかにお話しに加わられました。
両作品とも、ここに至るまでに、たくさんの苦労を乗り越えてきたこと、たとえば予算を有効に使うため泊まりのロケは許されず、片道2時間半から3時間の現場に毎日通ったこと、工廠の1つのシーケンスを千葉・群馬・茨城・神奈川の4つの現場の組み合わせでカバーしたこと、そしてキャスト選びは、マッカーサー役のオーディションで渡米し、ジョン・サヴェージさんスカウトまでの経緯、堺雅人さん、福士誠治さん、中村獅童さん、との感動的なエピソード、などなど・・・。
ことに、実現に至るまでの予算にかかわるご苦労話は、これまでの作品の製作費にまつわるお話も交えて、本当に興味深い内容ばかりでした。
面白い話が盛りだくさんで、とてもここでは書ききれません。
我々だけで聞かせていただくのは本当にもったいなくて、100人でも1000人でも、もっともっと多くの皆様に聞いてもらえる機会があればいいなと感じながら聞いておりました。

第2部は、同じ会場を模様替えして、立食形式の懇親会です。

乾杯の後は、まず佐々部監督と伊嵜さんが二手に分かれて記念撮影が始まりました。

伊嵜さんとのお話は、本当に楽しく、何度お会いしてもナイスガイです。
奈緒さんは、監督や伊嵜さんと初の2ショット・・・。

さて、懇親会も盛り上がり、監督と臼井Pのお二人が、それぞれに我々のところに麗しき女性たちを連れて、”この人たちが劇団巌流に入りたいそうです。”
と勧誘にも精を出していました。
画像


そのあと、弐萬弐六之蒸さんは、劇団の活動内容やら”おきて”やらを親身に説明していました。
副長殿、彼女たちから入団希望の依頼がございましたら、何卒よろしくお願い申し上げます。

宴もたけなわになって、女子限定で記念品ゲットのじゃんけん大会が始まりました。
やはり、女性は優遇されているようですね。
画像


そして、楽しい時間は、またたく間に過ぎて行きました。

最後は臼井Pの挨拶です。

”苦労いっぱいでお金も残らなくても、皆さんに喜んでもらえる映画を作る仕事が大好きでここまでやってきました。”
そのようなことを言っておられました。

そんな素敵な夢を分けてもらって、我々応援団にも、彩りのある人生を歩ませていただいて本当に感謝しています。

監督も登壇して、
画像


”来年3月、この2作品で日本アカデミー賞に臨みます。 賞金をとったら、今日ここにきていただいた皆さんを無料で招待します。またお祝いをしましょう。”
その言葉だけで本当にうれしい限りです。 お祝いは、ぜひご苦労を共にされたスタッフの皆さんと・・・。

そして決してあきらめず、コツコツと夢をかなえてゆく佐々部監督と臼井Pの2ショットは、なでしこJAPANにも負けず、たのもしい鉄壁のコンビのように小生の目に映りました。

お開きの後、監督は同級生を中心にしたお仲間たちと2次会に・・・。
そして、我ら劇団巌流第二級とその仲間たちは、臼井P、古森氏と共に別途2次会へと繰り出しました。
終電近くまで語り合い、今の日本にきっと勇気と希望を与えてくれるに違いない2作品の大ヒットを願いながら家路についたのでした。
画像


****レポートは目黒川シュウゾウでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
目黒川シュウゾウさま
レポート有難うございました。
ご参加の皆さまの楽しげな様子が伝わってきて嬉しかったです。

夏休み入りの週末にてバタバタしていてアップ遅くなり申し訳ありません。
(最近は目が弱くなり・・文章と写真の配置等が少しおかしいかもしれませんがお許しください。)
副長
2011/07/23 17:12
目黒川シュウゾウさま
レポートありがとうございました。
監督を囲んで、楽しく、また胸をうつ素敵な会でしたね。また新しい仲間が増えそうで、良かったです!2次会も楽しくあっという間に時間が過ぎ・・・
「日輪の遺産」も公開まであと少しですね〜
今だからこそ日本中の人に観ていただきたい映画ですよね!PR頑張りましょう!!
萩のチェ・ジウ?
2011/07/25 00:19
目黒川シュウゾウ様
劇団巌流 第二級の皆様
2次会に参加された皆様

2次会にまで参加させていただきありがとうございました!本当にとても楽しいひと時でした!これからも監督&監督作品を応援します!!そして入部希望はどうしたらいいですかね?今後ともよろしくお願いします。

追伸:「萩のチェ・ジウ?さん」の左どなりにいたのに写真一緒にとってもらうの忘れてました!!しくじりました・・・。
立石の住人
2011/07/25 12:12
副長様
つたない文章をすっきりと編集していただいてありがとうございました。
本当に有意義で楽しい時間でした。

萩のチェ・ジウ?様
立石の住人様
お疲れさまでした。
短かったけれど中身の濃い、素敵な時間でしたね。
劇団巌流第二級もこれから女子パワーが充実して、佐々部監督をますます後押ししていただけることでしょう。
目黒川シュウゾウ
2011/07/25 20:28
立石の住人様。
先日はお疲れさまでした。
愉しんでいただけたとのこと、同じ時間を共有できて嬉しかったです。
入団御希望との事ですが、冒頭に有ります「団訓」を真摯にご理解の上()、「団員自己紹介」を参考にして、ブログ管理者、つまり副長宛に、入団を申し込んでください。
厳しい副長の入団資格審査(笑)をパスすれば晴れて入団です。
その後、東京支部関係のイベントや、反省会の連絡を随時お送りします。(副長経由で、メルアドを教えていただくことが、前提ですが)
早速ですが、入団に最適なイベントがあります。
7月31日(日)『陽はまた昇る』のスクリーン上映会が、エビスガーデンプレイスで星空を観ながら有ります。しかも無料です。
スクリーンで、この映画を観られる機会は、早々ありませんので、大変貴重な機会です。
http://t.co/kbiPNfA
座席が一杯でも、立ち見もあるようですから、
ぜひ、参加下さい。(野外のため、晴れを願うのみです)
弐萬弐 六之蒸
2011/07/26 06:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
”佐々部清監督を応援する会” 劇団巌流 第二級/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる